Story of Mazmushi

マツムシコーヒーの出来るまで

ガーデンカフェ マツムシコーヒーは、天平17年(745年)建立の由緒ある寺院、松虫寺の旧休憩所に2012年新装オープン致しました。松虫寺は、千葉県印旛郡印旛村にある真言宗豊山派の寺院で本尊は七仏薬師瑠璃光如来です。 言い伝えによれば、難病を患っていた聖武天皇の第三皇女松虫姫が夢のお告げによりこの地を訪れ、薬師仏に祈願したところ病が改善したことから、僧侶の行基が開山となって創建したという。 珈琲工房K&Yとしてユーカリが丘で15年間本格焙煎珈琲を販売した後、この由緒あるお寺の傍に移り、参拝や散策に訪れたお客様の新たな和みの空間してこのカフェは誕生しました。 春は桜、夏は豊かな緑、秋は紅葉、冬は雪景色と移りゆく自然の美しさを珈琲の香りとともにお楽しみください。

what's new?

Jun. 01. 2013
営業時間が夜7:00までとなりました...

SEP. 01. 2012
定休日が火曜日のみとなりました...

APR. 08. 2012
マツムシコーヒーOPEN...

オーナーからご挨拶

ガーデンカフェマツムシコーヒーでは、印旛沼近隣の豊かな里山の自然に囲まれた松虫寺に隣接したガーデンと店で、季節の食材の料理などのランチやコーヒーでなごやかなお時間をお過ごし頂けます。

Kazuya Kuwabara

問い合わせ先